学資保険の受取人?いつから?そもそも必要?FPさんに聞いてみた

出産準備

独立系FPさんにこどもの教育費の貯め方について聞きいてみましたのでご報告しまーす(o^^o)

保険加入の際、商品比較をしなかった人はなんと66%! (H24 生命保険の全国実態調査)驚きですよね!


教育資金を貯めるには学資保険が最良か!?

教育資金を貯める手段は大まかに4つ。

教育資金は大学や専門学校入学時に特に多くのお金が必要になりますので、妊娠が分かった時点からすぐにでも考え始めたいですね!

学資保険は商品によりますが、妊娠中(出産140日前)からもうすでに加入することができますよー!早く加入すればするほど月々の保険料は安くなります。

ただし、教育資金を貯める方法は学資保険だけではありません。

  1. 銀行

    メリットいつでも引き出せる。短期定期預金ならインフレリスクなし。
    デメリット利息がほとんどつかない。長期定期預金ならインフレリスクあり。

    増えはしないけど減りもしない。安全な金庫。
  2. 学資保険

    メリット保険者が亡くなった場合払い込み免除。生命保険の役割もある。銀行に預けるよりは利息がつく。 
    デメリット夫が亡くなったら払い込みが免除になるだけなので、実際お金を受け取るのは先。亡くなった時は支払い免除になるけどガン等の病気にかかった場合は支払い続けなければいけない。解約すると大幅な元本割れ。インフレリスクあり。

    完全に教育資金の積み立てとして利用するなら◯。医療保険は別に入る必要あり。
  3. 終身保険・低解約長期定期保険

    保険料を10年もしくは15年で払い終えると、その後は解約するともどってくるお金(解約返戻金)がどんどん増えるので、大学入学時に解約すれば、学資保険と同じように使えるというワザです。
    メリット三大疾病、先進医療、死亡保障全てカバーできる。(契約によっては)銀行に預けるより戻るお金が多い。
    デメリット途中で自由にお金を引き出せない。解約すると大幅な元本割れ。インフレリスクあり。

    何が起きても途中で解約しないなら◯
  4. 投資信託等で運用

    メリット大幅に増えるかも!インフレリスクなし。
    デメリット大幅に減る可能性も。

    投資関係は売り時が大切なので、実際に教育費が必要な時に利益があるかわからないため、教育資金には向かない。

学資保険のデメリットもしっかり理解しよう

  • みんな入ってるから、人気だから、ランキングで1位だから
  • こどもの教育資金は学資保険に入るのが当たり前
  • こうでもしないと貯金できない、手元にあると使ってしまう、貯金と明確に分けられていい
  • 身内、知り合い、友人に勧められたから
  • 銀行に預けておくより利率がいいから

上記のような理由で学資保険に入っている人が私の周りにたくさんいます。

学資保険は途中で変えたいと思っても解約すると大幅な元本割れになります。つまり・・・契約時が最重要。なんとなくで契約してはダメなのですー!

学資保険は万一の時も元気な時もどちらでもお金が入ってくる養老保険の応用です。だからお値段高め。大学資金の前に家族の病気やリストラ、塾等で学資保険が家計の圧迫になることも充分考えられます。

あなたが必要なのはそもそも学資保険という種類じゃないかもしれないですよ!保険の種類を変えたり組み合わせたりすると保険料が安くなったり、同じ価格で保障が手厚くなる場合が多々あります。

もっと言うと両親の死亡保障や貯金があるならば学資保険はいらないかもしれない。

契約者を誰にするか誰に保険をかけるか、受け取りを誰にするか。この1つの選択でも受け取る時の税金などもかなり違ってきます。

目先のお得感(金利が一番高い学資保険というだけの理由)で選ぶと後悔しますよー!

最適な保険は家庭ごとに違う!ランキングでは選べない。

両親が健康なら学資保険に頼らなくてもお金は何とでもできます。健康ではなくなった時に1番助けになる方法はなんでしょう。それは年収、勤務先、年齢、貯金額、住まい、ライフプラン、個々の価値観など各家庭それぞれ違います。

信頼できるFPさんのヒアリングが最重要です。しっかり聞いてもらってアドバイスをもらうことをお勧めします。

FPさんの相談は無料な上に、疑問や不安が無くなり保険の知識が増えます!保険料も安くなる可能性大です。プラスの要素しかないのです。家計のことを他人に相談するのは勇気がいりますよね。でも、家族のために一度勇気を出してみてください!

お金は人生と深く結びついています。顧客の数だけ色んな人生を見てきたFPさんに出会うとあなたの人生も変わりますよ(o^^o)多くの生死とお金に関わってきたプロです。お金の話なんて身内でもなかなかしませんからとても勉強になりますよ。

保険のマンモスさんで紹介していただけるFPさんは独立系FPで公平だということはもちろん、地元で活躍しているFPさんなので、保険契約時はあなたの担当さんになって頂けます。ショッピングセンターなどの保険相談をすると「いかがお過ごしですか?」「変わったことは無いですか?」など定期的に聞いてきませんので保険に入ったはいいけど、保険金の請求対象かどうかわからず、請求漏れが多くなり損するかもしれません。店舗型保険相談は保険に入るためだけの担当さんです。本当に大切なのは、加入後も長くお付き合いできる保険の契約内容と家族の状況を理解しているあなたのお家のお金の相談役

いざという時頼りになるのは保険はもちろんですが、実は信頼できる保険の担当さんが1番重要なのです!

保険のマンモス口コミレビューも合わせてどうぞ☆


学資保険は1度入ると、途中で解約する場合損します(>_<)一括資料請求でよーく比較を→≪学資保険≫一括資料請求
有名な会社のインズウェブさんが運営している資料請求なのでしつこい勧誘がなくてよかったですよ♡
スポンサーリンク
出産準備