妊娠したら医療費控除の準備を!出産に関わるお金の確定申告方法

出産準備


妊娠・出産の医療費控除について知ろう

妊娠や出産は病気ではないとはいえ、急な入院など医療費が想像以上にかかる場合があります。払った医療費はきちんと記録・保管し、確定申告して還付を受けましょう。

医療費にできる?できない?妊娠・出産の費用

妊娠や出産にかかる費用は領収書のでないもの(バス運賃など)があるため、家計簿をつけておくことでその医療費にかかる出金を記録してください。確定申告書の作成会場などで、説明ができるように準備をしておくと安心です!家計簿の提出は必ずあるものではなく、確認を取らせてくださいというときのために、妊娠が分かったらすぐに家計簿をつけることをおすすめします。

医療費控除対象になるもの

妊娠と診断を受けた後の定期検診・検査や通院費用です。

領収書は必ず貰っておきましょう!

  • 病院から受け取る領収書(病院・薬局)
  • 妊娠期間中の通院費用→バス・電車などは、通院日、病院名、交通機関の金額をわかるように記録する。※通院費用については領収書のない通院費用については、家計簿などに記録して説明できるようにしておくこと。
  • タクシー代は、入院で利用した緊急時のみ、交通費が医療費控除対象です。→通常の通院は、タクシー代は認められません。

医療費控除対象にならないもの

医療費控除になるものは、あくまでも治療・診察にかかる費用になります。出産のための入院中の身の回りの費用や、実家への帰省費用も対象外になりますので注意してください☆

  • 妊娠検査薬
  • 実家で出産するため実家に帰省する交通費
  • 入院中の寝巻きや洗面具などの身の回り品を購入した費用
  • 入院中に他から出前を取ったり、外食したりした費用

出産ばかりではなくお子さんの急な発熱や緊急を要してタクシーを利用したものも医療費控除の対象として認められます。タクシー代だけは、緊急時のみ認められるのがポイントです。領収書にそのときの状況をメモしておくと忘れなくて安心です。

レシートのもらい方の注意点!

医療費控除になるレシートのもらい方、もらえないときの疑問をご紹介します。

  • 病院・・・会計時に受け取る領収書(原本)
  • 薬局・・・会計時に受け取る領収書(原本)

上記、2箇所は必ず確定申告で原本提出ですのでご注意ください。

  • 電車・・・切符購入時に領収書ボタンで発行
  • 電車回数券・・・通院日と回数を回数券の発行領収書に記載する。★通院費と料金(往復)をメモしておくと領収書のもらい忘れてもOKです。ただし、家計簿でその日に電車賃を出金した事実を記録することが重要です。家計簿は確定申告書類ではないのですが、もしも提示を求められたときのために、あなたを守るものです。
  • バス賃・・・領収書がでないため上記★印に同じ
  • タクシー代・・・緊急時のみ医療費控除対象になります。下車時に領収書もお願いすることでもらえますが、忘れてしまった場合は、★印に同じ

領収書のもらえない交通費は、記録をとることが一番です。家計簿はあなたの交通費を認めるお守りになります。タクシー代だけは、通常の通院は認められません。緊急時は認められますので、領収書をもらうこと、もしも忘れても、日付・金額を記録して、家計簿にもつけることで医療費控除申告を行うことができますよ!

医療費控除の流れを知ろう

医療費控除の確定申告の5W1H

When・・・いつ確定申告するの?

確定申告は毎年、所得税は3月15日(期限が土日の場合は、翌月曜日)が申告・納付期限です。

※所得税の確定申告は、1~12月までの分を翌年3月15日までに申告します。医療費控除の還付だけは、提出する年から5年までさかのぼれるため、平成23年の医療費控除ならば、例えば平成28年12月31日までに行えば可能です。

Where・・・どこで医療費控除の申告をすればいい?

  1. 申告書作成会場は最寄りの税務署・市区町村役場
    ご自分で作成するのが不安な方は、作成会場がおすすめです。
  2. 電子申告
    e-taxを利用している方は自宅でも可能ですが、専用のカード読み取り機などが必要です。手続きは国税庁のホームページから出来ます。詳しくは税務署にて教えていただけます。
  3. 郵送
    国税庁のホームページより年明け準備が整うと、申告書作成画面がでます。ホームページで作成して、書面印刷を行ったのち必要書類を添付して、お住まいの税務署へ郵送してください。

Who・・・誰が確定申告できるの?

申告する方はどなたでしょうか?配偶者の申告であっても、ご家族であれば必要書類を準備して提出が可能です。パソコンで作成すれば本人確認書類は不要ですが、申告書作成会場では、本人確認をされますのでご主人あての郵便物など証明できるものを準備していきましょう。住所の確認で必要な場合があります。

What・・・何を準備すればいいの?

サラリーマンの場合(年末調整が終了し、医療費控除だけの方)

  • 源泉徴収票
  • 医療費控除書類(医療費領収書・交通費のメモなど)

医療費控除対象の領収書を準備するときのポイントは、

  • 1月1日~12月31日の領収印のもの
  • 医療費領収書の再発行は認められないためお薬袋などで金額を書き込むこと、家計簿をつけていることで、認められる場合もあります。その事実を残してくことが大切です。
  • 確認しやすいように人別・日付順に並べておきましょう

How・・・どのように提出すればいい?

最寄りの税務署や市区町村役場への、申告書提出もしくは、足を運び直接提出します。医療費控除による還付のある方は、認め印・通帳・通帳印をお持ちください。通帳印は税金納付の場合、振替口座手続きに必要です。

医療費控除はどれくらい還付される?

医療費控除の対象になるのは、受け取った保険金を差し引いた差額です。

(家族全員分の支払った医療費)―(受け取った保険給付)=医療費(A)

医療費控除は、所得の5%を超えた金額か、10万円を超えた金額です。
サラリーマンの方は、源泉徴収票の給与所得控除後の金額の欄が、200万未満であると、所得の5%を超えた金額になります。

医療費の金額(A)―所得の5%または10万円=医療費控除できる金額

支払った医療費全額が医療費控除対象ではないこと、所得により控除額がことなります。

源泉徴収票の源泉徴収税額がゼロでない方は医療費控除の金額がある場合、還付を受けられます。

終わりに

医療費控除の問い合わせ先は、最寄りの税務署へ足を運ぶ方法または、税務署へお電話すると音声ガイダンスが流れますので、所得税の質問という番号を選ぶと、専門の方に直接お話しが聞くことができますよ。

スポンサーリンク
出産準備